真鍮の止まり木

帰ってくるところ、飛び立つところ/初めての方はカテゴリーの「初めに」をどうぞ

諦めがつかねぇ話二つ

・その一

「普通」の人間になりたかった。父親や母親が納得する、「普通」の子どもというのに、なってみたかった。

ここで言っている「普通」の人間というのは、物事を何でも卒なくこなせる、失敗しても過度に落ち込んだりしない、感情の浮き沈みが激しくない、大学に進学し、定職につき、異性と結婚し、子どもを持つ、そういう人のことです。

まぁはっきり言うけど、そんな人間は、「普通」でもそんなに居ない。まずもって「物事を何でも卒なくこなせる」というのはそれだけでだいぶ特殊技能だったりするし。「異性と結婚」というのも、多数派では無くなってきている。俺は今20代なんですが、25歳~29歳の未婚率なんて、男性で72.7%、女性で61.3%ですよ。要は、俺の歳で未婚であることは、別に珍しくもなんともないわけです。

もっと根本的な話をすると、そもそも「普通」でないといけない理由なんて、何もない。男性が女性を愛する必要も、女性が男性を愛する必要も、別に何もない。定職についているかどうかで「普通」かどうかを判断するなんて、ものすごい差別的な判断方法ですよ。

私は、ただ単に、周りに否定されない「誰か」になりたかっただけだった。趣味も、性的指向も、性自認も、嗜好も、誰にも否定されたくなかった。否定されたくなかったから、否定されない「誰か」になりたかった。限りなく「完全」に近い、「理想の子ども」になりたかっただけだった。

これは私が中学生のときから患っている気の病で、「普通になりたい症候群」と勝手に名前を付けて呼んでいます。不安定な時期になると、必ず発症してしまう、持病のようなものです。私はこの持病とストレス性の腹痛にずっと悩まされてきた。あるいは、闘ってきた、と言ってもいいかもしれない。

疲れてきてしまうと、どうしても考えてしまう。過去に立ち返るのは容易で、だからこそ馬鹿の一つ覚えみたいに繰り返す。

 

・その二

「普通」に差別的な人間であることをもっと自覚しなきゃなんねぇ。ダセェ生き方だけはしたくない。失敗して、挫けて、下降して、墜落していくような人生を、他ならぬ私が選び取るなんて、そんなのはクソダサい。他者がダサいと言いたいわけではない。これは私の話で、私がそうやって、何度もそういう道を選ぼうとしているということが、どうしようもないくらいにダサいんだよ。自分の幼稚な部分は、あやしてやるしかない。どんな風に失敗したって構わないから、自分の矜持くらい、自分で守っていたい。

淡いか甘酸っぱいか

事あるごとに反芻するのは、「学童」という場所だった。

あそこは、幼い私が好きな女の子と一緒に遊んだ場所であり、一人遊びを学んだ場所でもある。

あそこには、内側の「私」がいる。いつも、あらゆる出来事の「観客」として、そこにいる。

今でも夢に見る所。時々、恐ろしい気持ちが強まると、そこに帰りたいと思うようになる。戯言だ。でも、あそこには、私が夢見る物語性があるのかもしれないなどと考えてしまう。

 

感傷に浸りすぎていると、めちゃくちゃナルシズムの発露をやってる感覚になってくるので、だいぶ恥ずかしい。

雑感2018年4月21日

煙草吸ってるんで、煙草の話をします。

まぁ、去年くらいだったかな?から煙草を吸い始めたんですけど、今でも別にハマっているという感覚はないんですよね。いつでも「まぁ明日吸えなくなってもいっかな」くらいの気持ちでやってます。

ほんと、週に1,2本ずつしか吸わない。しかも週末に。

友人には、「お前の吸い方はわけがわからん」と言われるんですが、こういう吸い方になるのは、私自身がめちゃくちゃ「依存」というものに、強烈な忌避感を持っているせいだと思う。

何でもそうだけど、「これが無いと生きていけない」というものをつくるのが下手なんですよ。下手なのは勿論だし、「そういうのがあると怖いし、生きていかなくちゃならない理由になってしまうから避けたい」と考えてしまう。

もう少し量を増やしてもいいかなとは思っている。家に煙草の箱がたくさんあって、処分に困ってるしな、さっさと片付けよう。(※煙草を持ち歩かないせいで、外で酒を飲むたびに煙草の箱を買うせいで溜まってます)

活動記録2018年4月16日

最近の出来事

・胃腸の病気にかかり(微熱により1日ほど休み)、1週間ほどものがまともに食えなくなった

・その後再び熱を出す。更に再び胃腸をぶっ壊し、精神状態が悪化する

・全ての進捗が死ぬ

 

4月に幸せになる、と言ったのは達成できなくなりそうだったんですけども、唐突に洋画にハマり、唐突に男二人の関係性を追求するShipperとしての感覚を取り戻し、人生に陽光が差し込み始めました。今、局地的には確実に幸せになっています。

 

ただ、体調が悪すぎるので、いい加減になんとかせなならんなとは思っています。「なんとか」というのが何を意味するのかについては、よくわかっています。

考えていることリスト①

※備忘録的に残す

 

・創作表現がステレオタイプや社会的スティグマを強化しうるのか

→その可能性はある、と判断するが、明確な論拠は未構築。

 

・モラリティへの関心が高い人、あるいは道徳的な人は非常に巧みにインモラルな作品を描くことができる、というのは説得力を持った言説と言えるか。言える場合、同じロジックを用いて、「富める者は貧困問題を巧みに描写することができる」と言えるか

→前半部分については、そうだと「言える」。そもそもインモラルな作品を創る際には、「何がインモラルな行為であると言えるか」を理解しておく必要があるため。それは、「何がモラルある行為と言えるか」と表裏一体の問いでもある。

 後半部分に関しては、論理の飛躍を感じる。

 

 なんで私がこれほど「インモラリティとは何か」、「モラリティとは何か」について考えているのかというと、簡単に言えば、私がインモラルな創作作品が好みだからです。そういった作品を好むからこそ、「自分の『好き』が誰かを傷つけはしないか」ということに対して、常に注意を払っておきたいのです。

変化の季節か

「幸せに手を伸ばせ」と激励されたら、そりゃもう私は立ち上がるしかないでしょう。春が来た、春が。

新しい出来事がやってくる。信じましょう、始めましょう。

そういう心持ちになったので、やってみます。

 

愛は常に能動的である。

愛したいなら、私が、自ら進んでそうならないといけないんだよな。

君を愛しているから明け渡した

神山季雄という男は私が考えた架空の男です。

キャラメイクするときは私は大体「このキャラは何の『イデア』か」を決めるようにしているんですが、彼は「許容・受容」の「イデア」として創作した男です。

ここで言っている「イデア」とは、キャラメイクをする上での「理想」を意味しており、私は大体、それぞれのキャラの「イデア」を指定したうえでそのキャラの生い立ち性格好み生活環境などを考えるようにしています。

 

神山ちゃんは、自分の好みの要素全振りで創った男なので、どうしても「好き」の気持ちが先行してしまって上手く説明しきれない。

そのうち、またブログで神山ちゃん×先生の小話を書きます。そこで二人の関係性を記述するようにします。

 

そろそろBLの話がしたいのだけれど、ここ何ヶ月もずっと脳内で創造した男と男の関係性にしか萌えを見い出せず、だから今何らかのBLについて語ろうと思うと、自ずと架空の男の話になるんですよね。

しかし、自分が生み出した架空の男と男でBL萌えやるの相当楽しいので、かなり長く続けていられるな。正直、ニコチンより依存度たけぇなって思うよ。